粘接着剤&シーラント

共押出し接着剤

日本
P: +81-3-5461-7430
E: info.jp@kraton.com

米国本社
P: +1-800-4-Kraton
E: Email Us

欧州本社
P: +31 (0)20-201-7697
E: Customer.Inquiries@Kraton.com

中国
P: +86-21-2082-3888
E: info.cn@kraton.com

オーストラリア
E:Info.au@Kraton.com

東南アジア
E:Info.SEA@Kraton.com

インド
E: info.in@kraton.com

韓国
P: +82-2-508-3812
E: Info.kr@kraton.com

台湾

P: +886-2-2722-5411
E: info.tw@kraton.com

南米
販売・市場開発
P: +55-19-3874-7270

クレイトンポリマーは、樹脂や可塑剤、安定剤と配合して、共押出しによるフィルム製造のための高粘度接着剤コンパウンドに使用することができます。これらのコンパウンドのタック、接着性、メルトフローは、特定のプロセスや性能要求に合うように調整できます。

特徴と利点

クレイトンポリマーは、広範囲の粘度や機械物性をカバーできます。これらのポリマーは、樹脂や可塑剤、安定剤と配合して、広い範囲のプロセスや、性能物性をカバーできる接着剤コンパウンドに使用することができます。クレイトンポリマーの、共押出し用コンパウンドの主な利点は以下の通りです。

    • コンパウンドのメルトフローは、共押出しされる他のポリマーに合わせられる

    • コンパウンドは流動性の良いペレットなので、押出し機へのフィード性が良好

    • コンパウンドは、非タック性のものからセミ感圧接着性のものまで可能

    • フィルムのゲル含量は極めて低い

    • クレイトンGポリマーは、ポリオレフィンへの接着性が良好

    • クレイトンFGコンパウンドは、エンジニアリングプラスチックとの接着性が良好

 

製 品

保護フィルム:2層保護フィルムは、クレイトンGコンパウンドとポリオレフィンの共押出しで製造できます。接着層の接着剤は、フィルムを保護基材から剥がすために必要な剥離強度に調整できます。

タイレイヤー:クレイトン接着剤コンパウンドは、タイプの異なる2種類の熱可塑性樹脂の層間のタイレイヤーに3層共押出しで適用されます。クレイトンDおよびGコンパウンドは、ポリプロピレンとポリスチレンのような異種の炭化水素ポリマーを接着する目的で使用されます。クレイトンFGコンパウンドは、炭化水素ポリマーをエンジニアリングプラスチック、例えばポリプロピレンとポリエステルを接着するために使用することができます。

Copyright © , Kraton Corporation.